人事・労務・年金の困りごとは帯広市の徳江労務行政事務所まで。

0155-24-5410 メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土日祝・年末年始

実習実施者へ予告せず合同監督――厚労省などが強制労働取締り

2019年08月29日 10時45分

厚生労働省は、外国人技能実習生に対する強制労働など深刻な人権侵害を防止するため、「重点解消事案」を定めたうえ、都道県労働局、出入国管理機関、外国人技能実習機構の3者による合同監督・調査を事前予告なしで実施している。
「重点解消事案」には、強制労働のほか、暴行・脅迫・監禁、違約金の徴収、預金通帳・印鑑・旅券の取上げなどを含み、悪質な場合は司法処分する。平成30年中に行った実習実施者に対する合同監督・調査は30件に達した。

引用/労働新聞 令和元年9月2日 第3223号(労働新聞社)

お気軽にお問い合わせください

0155-24-5410メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00 定休日:土日祝・年末年始

お気軽にお問合せください

0155-24-5410

相談時間:9:00~17:00
定休日:土日祝・年末年始

メールでのお問合せ

事務所紹介

【徳江労務行政事務所】

〒080-0014
北海道帯広市西4条南26-6

0155-24-5410

サイトの保護について

このサイトはSSLで暗号化通信されています。

リンク

北海道帯広市の社会保険労務士です。

現在、「日本列島総不況」と言われ、企業業績も悪化しています。この難局を乗り切るたまには貴重な戦力である「ヒト」をどう生かすかを真剣に考えなければなりません・社会保険労務士は労働・社会保険、人事・労働管理などの事業主の身近な相談相手で、事業の健全な発展を支えるビジネスパートナーです。何か困ったことがあればすぐ連絡して下さい。必ず期待に応えます。