人事・労務・年金の困りごとは帯広市の徳江労務行政事務所まで。

0155-24-5410 メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00  定休日:土日祝・年末年始

継続雇用に労契法20条のカベ

2016年08月03日 13時01分

高年法によって、使用者は全員65歳までの雇用が義務付けられています。

この高年法は、継続雇用時の労働条件は規制しておらず、事業主の合理的な裁量で

設定が可能としています。

ほとんどの継続雇用は1年契約の有期となっており、一般には、正社員時の

就業規則から嘱託用の就業規則を適用し、2~3割賃金を引下げてコスト負担が

増加しないような方策を採っています。ところが、この継続雇用に労契法20条に

うたう「期間の定めがあることによる不合理な労働条件の禁止」を適用しなければ

ならないという判決が出て使用者をあわてさせています。

判決では、ダウンした部分の保障だけでなく、今後も「正社員就業規則の賃金に

関する定めが適用される」という地位も保障しているからです。

 

情報/労働新聞社

お気軽にお問い合わせください

0155-24-5410メールでのお問合せ

受付時間:9:00~17:00 定休日:土日祝・年末年始

お気軽にお問合せください

0155-24-5410

相談時間:9:00~17:00
定休日:土日祝・年末年始

メールでのお問合せ

事務所紹介

【徳江労務行政事務所】

〒080-0014
北海道帯広市西4条南26-6

0155-24-5410

サイトの保護について

このサイトはSSLで暗号化通信されています。

リンク

北海道帯広市の社会保険労務士です。

現在、「日本列島総不況」と言われ、企業業績も悪化しています。この難局を乗り切るたまには貴重な戦力である「ヒト」をどう生かすかを真剣に考えなければなりません・社会保険労務士は労働・社会保険、人事・労働管理などの事業主の身近な相談相手で、事業の健全な発展を支えるビジネスパートナーです。何か困ったことがあればすぐ連絡して下さい。必ず期待に応えます。